Xperia

GW中なのに、Xperiaを攻めまくる。。。

攻める?責める?
まぁ、どっちが適当なのかわからないけど、 いわゆる格安スマホSIM向けに、設定をドンドン追い込んでみました。

実は、白ROMで購入したこのXperia、カメラに黒点という不具合付きのものでした。
ネットで調べていた時、この黒点は無償修理になるらしいということを見つけていたため、
docomo shopに持って行ってみました。
最初の購入者から1年以上経っていましたが、 無償修理させていただきます。とのこと。

で、無償修理されカメラ不具合はなくなり、キャップなども交換され、
製造番号が変更されてるので 基盤交換もされて手元に戻ってきました。

1週間強ぐらいかかった感じかな。


というわけで、不具合も解消されたXperia Z SO-02Eを
格安SIM向けにどんどん攻めてみることにした。

《まず、何はなくともroot化。》
Kingo Android rootなるワンクリックツールが出ているらしい。
しばらく、Androidから離れていたので、『へぇ~』と思ったりも。
中華ツールのようで、問題もあるらしきコメントもチラホラ。

Rootkitツールは他にもいろいろあったけど、めんどくさかったので今回はコレ。
説明するまでもなく、つないで、ROOT!って
押してしばらくしたらROOT化されちゃうという簡単なもの。

というわけで、完了!
《その次、docomoアプリの殲滅》
docomoに限らないかもしれないけど、その機種が本来持っている良さを、 docomoナンチャラが絶対に消して、もうマイナスの方向に持っていってる気がする。 なので、docomoに犯されてしまったXperiaを極力Pureなものに戻してあげよう! ってことで、やってみた。 ド定番なコレで。

 

Titanium Backup ★ root
Titanium Track
価格:0  平均評価:4.7(236,296 件)




もう、色んな所で紹介されとるので省略。


ここから、ちょっとアプリ使ってやっている人を見つけられなかったので、本題。

《MVNOでもテザリングできるように!》
実は、コレもやってるひとたくさんいてる作業なんだけど、adb shellとかパソコンつないでやったりとかが多いんだけど、 今回試してみたのは、Androidアプリから。 コレを使いました。

SQLite Editor
Speed Software
価格:¥300  平均評価:まだ評価はありません(0 件)




何だそれ?的な感じかもしれませんが、 調べていると、xmlファイルを書き換えるわけではなく、SQliteのdbファイルにそういう情報が書き込まれているらしい。
昔は、xmlファイルをテキストエディタで編集だった気がするんだけど、いつのまにかdbに書き込まれるようになったんですね。
場所はどこ?? ココです!
/data/data/com.android.providers.settings/databases/settings.db
ココに書き込まれているとのこと。
SQL文がわかれば、パソコンつないでadb shellからでも簡単にできるけど、
本体だけでやってみるとなると こういうのが便利かなと。

Macユーザーとかだとこういうのに頼らないといけないからねぇ。

ターミナルいれてコマンドを触る方法もあると思いますが、お手軽な方を。
そのかわり、お金を払う事になりますが。。。
300円だし。
かの有名なRoot Explolerと同じ所がつくっています。
Root Explolerの旧バージョンには、このエディタ機能が組み込まれていたようですが、
外されたと聞いたのであっちを買わず、こっちを。
具体的には、
起動するとこんな感じ。

Screenshot_20140504120750

FILESタブをクリックすると、

Screenshot_20140504120823

こんな画面になり、しばらく待っていたら・・・・

Screenshot_20140504120738

パソコンのフォルダと同じ容量で選んでいきます。
/data/data/com.android.providers.settings/databases/
と階層におりたいきます。
そうすると、『settings.db』というファイルが見つかるので選択。

Screenshot_20140504120903

そうして、このなかの真ん中ほど、global テーブルを選択。

Screenshot_20140504120912

中身を見て下の方に・・・

Screenshot_20140504120934

ここでは、47と48にある、
nameの「tether_dun_required」と「tether_dun_apn」を書き換えると・・・・
晴れて、iijmioなどのMVNOでもテザリングが使えるようになっちゃいます。
「tether_dun_required」は、
valueを「1」から「0」に。画面はすでに書き換えた後です。
「tether_dun_apn」
Valueを「docomo tethering,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,0,*」から「    」削除して空白にしてみてください。ちゃ~んと、テザリングがMVNOのSIMでも使えますよ。

Screenshot_20140504121119

Screenshot_20140504121132

かならず、【SAVE】を忘れずに。
このソフトで、もうひとつ、遊べることが。

私の使っているiijmioの利点?というか特徴にipv6対応というモノがあります。

ナンジャラホイ?だとは思いますが、
現在も主流のipv4は枯渇問題に直面していて。。。zzzzzzzzz

おっと寝そうになってたわ。本題と関係ないからいいや。

まぁ、ipv6が使えるんです。iijmioは。

docomoだとmoperaで使えるとか使えないとか。


なにか良いことあるのか???
このサイトのウミガメが踊ります。それぐらいですけどね。

すぐ話がそれますが、国内モデルはだいたいこのipv4/ipv6のカスタマイズを
許してくれません。

3月末にアップデートされたファームウェアで
XperiaZ1fもマスクされ、カスタマイズ不可に。

でも~。SQLite Editorがあると変更できちゃいます。
APN情報はここにあります。
/data/data/com.android.providers.telephony/databases/telephony.db
ここから、carriersを選んで・・・・
後ろの方のprotocolの項目をIPV4V6に書き換えれば、IPV6モードで接続できちゃうかも。 興味のある方はお試しあれ。

Screenshot_201405040546091

Screenshot_201405040546191

とまぁ、どうでもいい話だけど。
最後に・・・
《ザクザク入れられてしまうプリインアプリを根こそぎ捨てる!》
リセット(初期化)をしたら、
訳のわからないアプリが山ほど入れられてしまうのもコレで。
Titanium Backupで殺したり、無効化したアプリはリセットしても死んだままなのですが、
プリインアプリたちは、消えてくれません。
こいつらは、どこに?? ココに。

/system/etc/customization/applications
/system/etc/product/applications

この2つのフォルダにいるようです。
じゃぁ、消すかと思ってES ファイルエクスプローラーとかで消そうとおもっても
パーミッションが!とかRead Onlyがとか出ちゃいます。
わかってる人は、マウントし直して消すんだよとわかるのですが、
えー、そんなのわかんない向けにこんなのがありました。
SystemCleanupというもっともらしい名前。
SystemCleanup
inteks
価格:0  平均評価:4.5(2,073 件)
起動するときこんなかんじでROOT権限くれよ!って言われます。

Screenshot_20140504131712

あげてください。あげないと消せません。

Screenshot_20140504131723

なんか知らんが、ブラウザが起動するけど戻るで抜けたあとしばらくすると・・・・

Screenshot_20140504131744

試しに一番上の名刺ナンチャラのアプリと思われる、
「BusinessCard.apk」をちょっとタッチすると、

Screenshot_20140504131819

黄色い文字で存在するアドレスが表示されます。
を、こいつだこいつだと。
で、その「BusinessCard.apk」を長押しタッチすると・・・

Screenshot_20140504131804

こんな画面になるので、Cleanup selected itemsを選択すると、
削除されてしまうというなかなか便利なアプリです。
とこんなかんじで、ガンガン消しまくり、
変更しまくるとdocomoに犯されていたXperiaが、
本来のPureなカラダにもどってくるわけ。
最近のiPhoneでは楽しめない、カスタマイズでした。
久々に長く書いたかも。

続きを読む "GW中なのに、Xperiaを攻めまくる。。。" »

充電に悩んだ末にえらんだのは、Anker USB急速充電器

着々とスマートフォンにタブレットが増加する今日このごろ。

最近、アマルフィ、外交官黒田康作、アンダルシアなどを見ていて、Blackberry端末が欲しいなと思う今日このごろ。
そんな端末持ちにとっての悩みの種は、充電。
いわゆるタコ足タップに充電器をいっぱい刺さないと充電ができないことになるのですが、それをバシッと解決してくれそうな商品がないものか?と思っていたのですが、これは解決してくれました。
それは、こちら。
なんと、5台タブレットでも充電が可能というスグレモノ。
旧製品なのかグレード違いなのかわかりませんが、まったく同じような形をした25Wの商品もありますが、それはポートによって充電ができるものが変わってましたが、賢くなったようでどこにつないでもその機械に合わせて充電してくれるというもの。
それを買ってみましたが、タブレット、スマホ、iPad、メモリオーディオなどをいくつか持つ人なら絶対おすすめ。
以前は、バッファロー製の4ポートUSBのものを使ってましたが、実際のところiPadとiPhoneの同時充電はできなくてあまり意味のない商品でしたが、これは試しに全部つないでみても余裕で充電ができてました。
と、まぁ、自分のように複数端末を使っている人がどれだけいるかというところですが、
iPad(もしくはAndroidタブレット)、iPhone(もしくはAndroidスマホ)、iPod(もしくはWalkman)を所持して使っているという人ならそれなりにいると思うんです。そんな人にも便利ちゃうかなと。
大きさもそんなに大きくもなく、いい感じのサイズなのも自分の中ではプラスポイントです。
デメリットを探してみたのですが、正直思いつかないです。
弱点らしい弱点のないいい充電器だなと思う今日このごろ。
よいデジタルライフを~

続きを読む "充電に悩んだ末にえらんだのは、Anker USB急速充電器" »

今更ながら、Xperia Zのdocomo版買ってみた。

久々に、Android端末を買ってみた。

それは、Xperia Z。いまでは、Z1も出てるしなんなら、もうすぐZ2もと言われているタイミングだけど、Z。いわゆるSO-02E。
ELUGA P-02Eも使っていた経験があるけどやっぱり液晶は大きい。
なぜ今ごろ??
それは、24800円税込みとワケあり品だったから。
付属品はMicroSD以外すべて揃っているし、外観がちょっと傷がある程度なのでそれに目をつぶればそこそこ楽しめそうなマシンなので。
動画見たり、Web見たりするにはたしかに大きいことはいいことだ!な感じがします。
本当は、Z ULTRAの海外SIMフリーを買うつもりだったのですがあまりに安いものを見つけてしまったので今回はお預け。
しばらくはこれで遊んでみることにした。
でも、最近魅力あふれるすてきなマシンがあんまりないのが寂しいところ。

Twitter

Twitter

お気に入りApps

無料ブログはココログ

Sponsor

  • ソフマップ・ドットコム

    価格.com ブロードバンド

    マクロミルへ登録

    デル株式会社

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

App Store

楽天モーション

Security

  • シマンテックストア