Windows タブレット

PCにWAN内蔵はとてもいい!

ThinkPad10、しかもdocomoのワイヤレス通信機能内蔵モデルを買ったわけですが、これ非常に使いやすいかも。

iPhoneやXperiaなどのテザリング機能を使えばどんなパソコンでもいろんな場所で通信が行えるのはわかってますが、いちいちつなぐ動作をしなくていいというのはとても使い勝手がいいと思う。
最初にiijmioのSIMカードのセットアップの時、ちょっと躓いたのですがなぜかリカバリをかけて再度挑戦するとあっさりつながるという謎はあったものの今はしっかりつながってます。
今はあえてあまり通信を制限せずどれぐらい通信に使われるのか?と考えいろんなところで通信をしています。
設定しているWiFi環境下にくるといつの間にかWiFiに切り替わっていますし上手に通信を制御している感じはします。
ただ、外出先でちょっとしたネット、メールなどを行うと50MB程度はかるく消費し、なにかしらダウンロードを行うようなことが発生すると200MB程度消費するようです。ですが、
iijmioだとクーポンのONOFFができるので上手につかえばミニマムプランで十分使い勝手よく使えると感じます。
で、実は感じていることがあります。
iPadが出たときノートの代わりとかいろんな可能性を感じたのですが、どうしても手書き入力の面でちょっとイマイチ感がありました。
iPad miniのRetinaモデルを普段使っていましたが、今回ThinkPad10を購入して、これは十分にノートの代わりができる代物になったと。ずっとApple製品の優位性を感じていましたがワイヤレス通信機能内蔵のこのマシンだと自分の中ではApple製品より使えると思う。

Surface Pro3にする?それとも・・・

またまた、久しぶりの更新。

転職してなんかあんまり落ち着いてこんな事を書ける状態では無くというよりネタがそんなになかったわけですが、まぁiPhone6, 6Plusは当たり前に購入。
いまさら、そんなのも面白くないので。
久々のおニューなWindowsマシンのおはなし。
周りではなぜか、Microsoftの自信作、"Surface"が人気。
タブレットとしてもパソコンとしても使えるというのが気になるらしい。
自分もSurfaceは前から気にはしてたのです。で、3代目Surface Pro3を買ってみようか?と思っていたわけですが…
今回、これ買いました。
ThinkPad 10 for DOCOMO Xiという商品。
簡単な仕様は、Windows8.1 Proのメモリ4G。SSD 64GBでWWAN付きというモデル。ちょっと安いバージョンは、Windows8.1 for Bingでメモリ2Gであと同じ。
CPUはATOMとなってますが省電力なわりになかなかの性能だと思います。
Xi(LTE)通信対応は仕事でかなり使えます。docomoとなってますのでmopera Uの設定はしっかり組み込まれていますが、MVNOのSIM、私の場合はiijmioのSIMでばっちり使えました。といいつつ、ちょっと最初の設定ははまりましたけど。
通信機能はさておき、デジタイザモデルはホントにノートのかわりができます。
iPadでタッチペンとかいろいろ試しましたが正直ノートの代わりとはなかなか言えなかったけど、これは十分なります。
だまされた!とおもって是非試して欲しい機械のひとつかな。
とりあえず今日はここまで。

充電に悩んだ末にえらんだのは、Anker USB急速充電器

着々とスマートフォンにタブレットが増加する今日このごろ。

最近、アマルフィ、外交官黒田康作、アンダルシアなどを見ていて、Blackberry端末が欲しいなと思う今日このごろ。
そんな端末持ちにとっての悩みの種は、充電。
いわゆるタコ足タップに充電器をいっぱい刺さないと充電ができないことになるのですが、それをバシッと解決してくれそうな商品がないものか?と思っていたのですが、これは解決してくれました。
それは、こちら。
なんと、5台タブレットでも充電が可能というスグレモノ。
旧製品なのかグレード違いなのかわかりませんが、まったく同じような形をした25Wの商品もありますが、それはポートによって充電ができるものが変わってましたが、賢くなったようでどこにつないでもその機械に合わせて充電してくれるというもの。
それを買ってみましたが、タブレット、スマホ、iPad、メモリオーディオなどをいくつか持つ人なら絶対おすすめ。
以前は、バッファロー製の4ポートUSBのものを使ってましたが、実際のところiPadとiPhoneの同時充電はできなくてあまり意味のない商品でしたが、これは試しに全部つないでみても余裕で充電ができてました。
と、まぁ、自分のように複数端末を使っている人がどれだけいるかというところですが、
iPad(もしくはAndroidタブレット)、iPhone(もしくはAndroidスマホ)、iPod(もしくはWalkman)を所持して使っているという人ならそれなりにいると思うんです。そんな人にも便利ちゃうかなと。
大きさもそんなに大きくもなく、いい感じのサイズなのも自分の中ではプラスポイントです。
デメリットを探してみたのですが、正直思いつかないです。
弱点らしい弱点のないいい充電器だなと思う今日このごろ。
よいデジタルライフを~

続きを読む "充電に悩んだ末にえらんだのは、Anker USB急速充電器" »

Windowsタブレットでホニャララ。

タブレットを買って、数日。

うちには、Bluetoothキーボードは腐るほどというのは言い過ぎだけれど、
ここ最近、使っていなかったMicrosoftのキーボードをはじめ、色々あります。
タブレットは、基本キーボードいらないだろ?と思っていましたが
ソフトウェアキーボード、けっこうイライラします。で、さっそくにMicrosoftキーボードをペアリングし使うことにしました。
で、キーボードときたらマウスです。
ところが、あれほどたくさんあったキーボードと比較してBluetoothマウスはかなり数が少ないです。自宅のiMac用につかっているロジクール、Apple Magic Mouseしかありません。
普通なら、ロジクールをここにつなごうとするのが普通だとは思いますが、
ココはあえて、Magic Mouseを。
まぁ、すこしWindows用ドライバーを入れるのが面倒ですけど、それさえ済ましてしまえば楽なモノです。
で。。。
ちょっと触ってみての感想なのですが。。。
一応、買う前に「Bay Trail-T」というコードネームのATOM Z3000番台シリーズのCPUは今までのATOMプロセッサとはひと味違うよ!とは調べて知っていました。
でも、所詮ATOMだろ?廉価版CPUじゃないか。
で、実売3万円台半ばから後半で買える、ネットブックみたいなものだろ?とどこかで馬鹿にしていました。ところが、Officeも付属してそこそこの性能?
これはありかも?と思いました。
たしかに、タブレットの操作としてはとっても中途半端です。でも、ノートパソコンとして見た場合、この値段でOfficeついているなら、あの悪名高いキングソフトのOffice互換ソフトとか使わなくても良いし、そこそこつかえるでないかと。
今回は値段と大きさの関係上、Windowsタブレット、8インチモデルを選んだわけですが、ちょっとしたノートパソコンがほしいけどお金が・・・・と言う場合、
それでもちょっと小さいですが、10.1インチモデルのキーボードドック付きのタブレットなども選択肢に入れて良いのでは?と。
今後のこの廉価なタイプなマシンの行く末が気になる今日この頃。
ここで書いて良いのか悪いのかわかりませんが、
Googleから先日、Google Apps for Edu向けにChromebookを販売しますという案内が来ていました。一時、Google Playに案内が出ていて、お!日本でもChromebook販売か!?と色めき立っていた例の機種です。その値段が管理料が入ってますが、たしか39,800円ほど。
ますます純粋なノートパソコン、ひいてはパソコンの凋落がすすみそうな感じがします。そりゃ、VAIOが売りに出されるはずだよと。

WindowsタブレットでBluetoothテザリング

で、さっそく。

今回の本題でかつeラーニングのためにはネットにつながねばならん!
というわけで、WiFiなんかでやってたら電池がすぐなくなってしまう!!
というわけで最近はやりのBluetooth PAN、いわゆるBluetoothテザリングを行うことに。
初Windowsタブレット、ほぼ初Windows8ということもあり、どこに何があるかさっぱり。。。
まずBluetoothのオンオフだけでも、探し回りました。
これがすっきりしている良い方法かわかりませんが、
画面の右側をすーっとなぞると・・・・

Shot01

黒いバーが出てきます。スタートボタンもないのでけっこう悩むかもね。
その中から、一番下設定ボタンをタッチします。

Shot02

コントロールパネルとかはここからいけます。その中で一番下PC設定の変更という小さいところ、ココをクリックします。
Shot03_2
そうすると、この画面。その中から、一番上PCとデバイスを選ぶとやっとBluetooth設定にたどり着きます。

Shot04

だれだ、設計したの!っていう怒りはさておき。。。
で、ここからまずiPhoneとBluetoothでペアリングを行います。
iPhoneはインターネット共有をONにしておきます。
その次は、Windowsでコントロールパネル。
デバイスとプリンターを選びます。(大カテゴリはハードウェアとサウンド)
そうすると、iPhoneはここにでてきます。

Shot05

そこから長押し、もしくはマウスで右クリックすると、接続方法に「アクセスポイント」をえらぶと晴れてBluetoothテザリングができます。
あー、めんどくさ!!

Windowsタブレットを買ったぞ!!の巻

ご無沙汰であります。

相変わらず、色々なものを買いあさっておるわけですが、
なんと今回、初Windowsタブレットを買うことになりました。
わたしは、もう身も心もMacユーザーな仙人なのですが、世俗にまみれておりますのでたまにWindowsが必要となることがあります。
なぜ、Windowsが??なのですが、
わたくし、趣味とお勉強で某通信制大学の学生をやっております。
そのインターネットスクーリングを受講するためには、どうしてもWindowsじゃないと見ることが出来んのであります。
かなりいろいろ試しました。
UserAgentを偽装とか、もーいろいろ。時間も労力もさくのはばからしくなり、Windows買うか?って。
BootCampとか仮想マシンでもいいのですが、ここは買うべし!とおもいWindowsタブレットを。
前振りがとっても長くなりました。
でも、実はWindowsタブレットなんぞを買う気はありませんでした。
中古で、VAIO XのWAN内蔵を狙ってました。軽いし薄いし。
ふと、最近安く売られているWindowsタブレットも一応Windowsなんだよな?と思い至りました。私やったことはありませんが、艦これができる!!とよくキャッチコピーに書いてあって「なんじゃいな、それ??」と思っていたのですが・・・
そこから、ばーっと調べてみました。
思った通り、WindowsタブレットもれっきとしたWindowsマシンであると。キーボードがないだけ。モノによるとキーボード付きのモノもあるらしい。
ATOMプロセッサ内蔵か〜と思ってみていると、昨年9月ぐらいに発表された「Bay Trail」ATOMプロセッサーはなかなかな性能向上で良いらしい。
で、そのあたりの情報を総合すると、この3つが候補になりました。

画像を見るだけではあんまり区別はつかないですけどね。

で、今回はAcerのICONIA W4-820を買うことにしました。

続きはまた。。。

Twitter

Twitter

お気に入りApps

無料ブログはココログ

Sponsor

  • ソフマップ・ドットコム

    価格.com ブロードバンド

    マクロミルへ登録

    デル株式会社

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

App Store

楽天モーション

Security

  • シマンテックストア