Mac

Mac miniをただで手に入れたので。

とあるところが、廃棄するとのことで

手に入れた、Mac miniのためにディスプレイを新調した。
最近、いろんなところでけっこう見かけるPHILIPSにしてみた。
値段の割に、けっこうきれいだしベゼル狭くていい感じです。
液晶ディスプレイを探している人、いちど実物見てもらったらどうでしょう?

Appleの修理ってこんなに!?

お正月に買ったMacbook Pro。

なんかよくわからないけど、突然インターネットが遅くてどうしようもなくなる。
ルーターのせいかと思ったけど、同時に接続しているタブレットやWindowsマシンはとても普通に。
色々、個人的に切り分けていったのだが、どうもMac自身っぽい。
もともと、買った時になんかネットワークのつながりがおかしいことが多くて、
WiFiのオンオフをよくしていたこともあり、Appleのチャットサポートをつかい、色々したけど
一度中身見ましょう。ということになりました。
で、
発送して、次の日に商品を受領しました。というメール。
1週間ぐらいはかかるんだろうと思ったら・・・・
その同じ日に、商品を発送しました。
え?発送??
何も不具合確認されずに、そのまま返送か??
サイトを確認すると、修理完了と。
おいおい、1日で帰ってくるのかよ!
ということに驚いていたところ。
こんなに早く帰ってくるのなら、もっと早く相談しておけばよかった。

おにゅーなMacはMacbook Pro Retina13インチ。

あらためて、あけましておめでとうございます。

遅!!!!!まぁ、それはさておき。
年末に長年の愛機MacBook Airを手放しました。
11インチモデルの一番最初のものなので、やく3年にわたってメインマシンとしてがんばってくれました。
で、新調するに際してとても悩みました。
今のまま、11inchのMacBook Airなのか、いろいろな選択肢がアタマを駆け巡りました。
俺も、べつにまだ老眼でもないし、でも3年後もそのままである保障はないし、インチを上げるのもありかな?MacBook Airは最大メモリ8GBだしなぁ。MacBook Proもありかななどなど。
Retinaディスプレイにかんしては、有名ブロガー、yucovin氏がとても力説しているし、自分もiPadでRetinaディスプレイの実力はわかってるし。。。。。
そんな悩みを色々総合した上で、
MacBook Pro Retina13inch+16GB+SSD 256GBを購入したわけです。
今までは、パワーサポートのシェルジャケットを使っていたけど、ちょっと散在してしまったので、今回はじゃんぱらでうっていた980円のケースを購入してみました。
パワーサポートのシェルジャケットとくらべるとそりゃ、作りは雑だけど値段、5分の1だからねぇ。
というわけで、つかっているんだけど、
いままで気がつかなかったことが。
MacBook ProのRetinaディスプレイにしてワードやエクセルを立ち上げるとき、いろんな部分でRetinaディスプレイ対応が出来ていないことが目につきます。
Microsoft、もうちょっとがんばれよ。
といいたくなります。その点、純正のPagesやKeynoteはしっかり対応。きれいさが違うのでなんかちょっとしたものならPagesを使ってしまいます。
だからどうしたというよたばなしでした。

お正月の葛藤。

1月2日、私はとても悩んでいた。
Appleオンラインストアの初売りに。

というのも、年末に長年愛用してきたMacBook Air11インチを手放した。
普通には動く故、まだ現役。ただストレージに多少不満もあり、引退勧告。

なので、購入はしないとダメ。

悩んでいたのは2点。
まず、MacBook Air 11かMacBook Pro。
もうひとつは、標準モデルかカスタマイズモデルか。

ひとつめ、Retinaしかないやろ?
ワシ、もうアラフォーいや、フォーやし、目も厳しくなるのでは?と。最近、目が疲れやすいし…しょうがないなと。

標準モデルかカスタマイズモデルはかなり悩んだ。
ゴリゴリのハイスペックを求めてないし、吊るしの標準モデルでもいいかな?価格.comで安いの調べるか?と思いましたが…

あ、メモリ増設できんのか!?

そう、最近のモデルはとうとう蓋を開けさせてくれないのです。

ゴリゴリのハイスペックを求めてないし…と言いつつメモリだけは、余分につけたい病にかかってます。

スーパーサブサブマシンのレッツノートJ10も分解して16GBにしてます。

ここはやっぱり、カスタマイズモデルでAppleに納税か…

と10秒ぐらい悩み、ポチッとし、15000円のクーポンGET。何買おうかな〜…

で、ポチッとしたMacBook Proはまだ上海にいらっしゃる模様。早く来ないかなー。




最近のお買い物。

最近、Appleへの納税がとても続いています。

まず、iPad mini Retina SIMフリー 32GB。
もう、説明不要のものですが、あえてSIMフリーモデル。
iPhoneがとうとうSIMフリーモデルをストアで販売するようになりもしかしたら、もうすぐiPadもSIMフリーモデルが出るかもしれませんが、待ちきれずに。
使用してるSIMカードはiijmioの945円プラン。
ただ、いまこのプランの変更を考えています。
最近、せめまくりのBIGLOBEに。
そしてもう一つ、iMac21.5inch。
実は、初iMacです。Mac mini, Macbook Pro, Macbook Airは使っていましたが一体型は初です。
きれいでかっこいい。もう、なんでもっと早くに買わなかったのか?と思うほどです。
まぁ、こんな感じでいろいろ買った12月でした。
ちょいちょい買ったものほかにもあるので、おいおい紹介するとします。

Evernote & MOLESKINE

今回は、MOLESKINE&Evernoteのを試してみた。その前に、iPhone5s買っているんだから、その話もしないと!とも思っているけど先、こっち。
というのも、デジタル化するということにいろいろ腐心してきました。
iPad miniとかiPadに直接ノートアプリでメモとかもしてみました。
でも、どうしてもしっくり来ません。
たしかに、タブレットはすぐ起動するし、それなりにメモが取れるのですが、
やっぱり、ペンと紙には負けるんです。
似たようなものに、SHOTNOTEやCamiAppなどもあり、これらも試してみたんです。悪くないんです。いいんです。でも、なんか知らないけどMOLESKINEのほうがしっくりきます。
あと、書いた紙にかならずSHOTNOTEと移り込むのでダサい。もうひとつ、専用アプリがEvernoteだけというのもいいのです。
そんなこともあり、Evernote&MOLESKINEをイチオシ!します。
Evernote&MOLESKINEが自作できたりするともっと変わるのかもしれないけどね。

CrossOver Mac 11ではAccessは動かない。。。

インターネットを見ていてたら、

"CrossOver Mac 11"が24時間無料!
という太っ腹というかすごいキャンペーンが。
Macを使っていて一番困るアプリケーション、Microsoft Access。このファイルを扱うのが非常に面倒。というわけで無料なんだから試さな損でしょうってことで、さっそく使ってみました。
Access単体では持っていなかったので、Office2007としてインストールしてみました。色々試してみたけど、動かず。。。
と思ってしらべるとすぐに、動かないとわかってしまった。
それじゃダメじゃんってことで終了。。。。
無駄にインストールをしてしまった・・・・
なんだか、斬鉄剣で無駄なものを切ってしまった石川五右衛門の気持ちです。
「また、つまらぬものを切ってしまった・・・」
ソフマップ・ドットコム

Things vs OmniFocus

最近、GTDアプリというかTodoアプリに悩んでいます。
act2が販売していた時代に、OmniFocusを購入していて、その流れでOmniFocusを使っていたのですが、悪いソフトではないのですが、ちょっとUIが苦手。

そこで、Thingsはどうだろう?と思って使い始めてみました。

まず、母艦たるMac用・・・

OmniFocus 1.10.3 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥3,450 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: The Omni Group

リリース日: 2011/01/02

対応デバイス: 無し

iPhoneiPhone

Things 2.0.1 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥4,300 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: Cultured Code GmbH & Co. KG

リリース日: 2010/12/15

対応デバイス: 無し

iPhoneiPhone

値段は、OmniFocusが現在のところは安いようです。有名なソフトなので説明は不要かと思いますが、機能は申し分ないと思います。

Thingsは、日付表示の問題などがあったようですが、最近のアップデートで解消されています。

ちょっと、使ってみた感想なのですが、Thingsのほうがよくない?
Mac標準搭載のリマインダーとも連動という機能もあったりして、UIもこっちのほうがしっくり来るんですけど。

最近、OmniFocus for iPadを購入しただけに、ちょっとショックです。

OmniFocus for iPad 1.5.2 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥1,700 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: The Omni Group

リリース日: 2010/07/30

対応デバイス: iPad 2 Wi-Fi / iPad Wi-Fi / iPad Wi-Fi+3G / iPad 2 Wi-Fi+3G

Thingsを買い直すとなるとけっこうな出費になってしまう。。。

Things for iPad 2.0.1 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥1,700 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: Cultured Code GmbH & Co. KG

リリース日: 2010/04/01

対応デバイス: iPad 2 Wi-Fi / iPad 2 Wi-Fi+3G / iPad Wi-Fi / iPad Wi-Fi+3G

iPhone版はもってないけど、iPhone版を買うと・・・

OmniFocus for iPhone 1.14.2 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥1,700 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: The Omni Group

リリース日: 2008/07/11

対応デバイス: 全機種

iPhoneiPhone


Things 2.0.1 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥850 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: Cultured Code GmbH & Co. KG

リリース日: 2008/07/11

対応デバイス: 全機種

iPhoneiPhone

実は、今、現時点のアプリ代金額の足し算をすると全く同じ、6850円になるという罠。


Macbookの換装したSSDでTRIM有効に。

仕事で普段使っているMacbook。強化に強化をかさね、メインメモリは8GB。そしてストレージはSSD。ふとネットを見ているとMacでSSDのTRIMが有効になるという記事が。をぉ!と思い見たけれど、純正しかダメよと。なんだ、残念。。。

とおもって数日。
こんどは、非純正品でも有効にできるソフトがあるよとのこと。
早速試してみました。
そのソフトは、こちらから!


TRIM Support Enabler 1.2

さくっとインストールも完了し再起動ご確認するとSSDのTRIM有効になってました。使用感はすぐにはわからないとは思いますが、有効に働いてくれることを願います。

MacBookのバッテリーとiPhoneSIMフリーに・・・

仕事で使っているMacBookのバッテリーなんですが、ぷっくり膨れて交換となりました。
買ってから2年は確実に経っています。

気がついた発端は、メモリを増設しようと思い蓋を外し、うーん、HDDもSSDにしちゃうか?という感じで確認後、とりあえず蓋をもとに戻そうとしたら綺麗に閉まらず、あれ???と思い、バッテリーを見るとぷっくりしていてそりゃ閉まらんよね。という感じでした。

Apple storeにもってどれぐらいかかるんだろう??と思いきや、無償で交換させていただきますとのこと。ラッキー!

ネットで帰ってから調べるとどうもそういう事例が多く、交換対応のようです。
悪いなぁと思って、思わずiPhone4のケース買っちゃったじゃないか(笑)

Apple storeネタでもう一つ。
私が持っている、iPhone3GSの香港版、電池はあまり持たないし調子もなんか悪い。ということで見てもらいました。香港版でもちゃんと面倒を見てくれるんですね。しかも!有料だったけど交換も。

ただ、モデルはMC133Jになってしまいましたが・・・・

でも、驚くのはそれだけではなく、MC133JだけどちゃんとSIMフリーに。
AppleはどうもSIMロックの解除ができる仕組みを持っているようです。有料でも全然問題ないのでシムロック解除サービスしてくれないかなぁ・・・・

より以前の記事一覧

Twitter

Twitter

お気に入りApps

無料ブログはココログ

Sponsor

  • ソフマップ・ドットコム

    価格.com ブロードバンド

    マクロミルへ登録

    デル株式会社

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

App Store

楽天モーション

Security

  • シマンテックストア