モバイル通信アレコレ

祝Surface Pro LTE一般発売!

ことしは、ちょっとはブログ真面目に書こうって思ってはいるものちょっとあいてしまいました。

そんな状態でしたが、嬉しいニュースが。
法人モデルでしか買えなかった、Surface Pro LTE Advancedが一般発売が決まったようです。まだ、詳細はわかりませんが、Corei5モデルだけのようです。

4月6日とまだまだ先ですが。

ちょっとなぁと思う部分は、第8世代のインテルプロセッサが十分に出回り、Quad Coreが当たり前になりつつある今、あえてのDual Coreというのは、ちょっとなぁと思わなくもないですが、望んでいたノートパソコンにも当たり前にSIMスロットがつきワイヤレスインターネットが使えるようになるという流れは素直に歓迎したい。

この流れにのっかって、MacBookにも搭載されることを切に願う、今日このごろ。

Windows LTE通信(モバイル通信)の覚え書き

ぼーっと、Twitterをみていたら。
私の記事で、ネットつながるようになった!といううれしいお言葉が。
くっだらない、気が向いたときにしか書かず、10年以上やってるけど、記事数300って少な!なブログでもたまーに人の役に立つことがあるようで。

で、いちおうまとめておこうかと。
最近でこそ、Windowsのモバイル通信機能はマシになってきたけれど、Windows8時代はけっこう「つかえねー!」でしたし。

まず、Microsoft公式ページの情報から

Windows10の携帯ネットワークの設定

経験上、このページに記述してある情報で大半の接続設定は滞りなく行うことができます。

このページにある情報で注意しておくところ、まずひとつめ。

『Windowsでこの接続を管理』
これは、オンにしておくことをおすすめします。無線LANが使える場合や、有線LANなどが使える際はそちらを利用しLTE通信等モバイル通信のデータ通信を抑えてくれます。

注意しておくところ、ふたつめ。

『APN を追加します』
iijmio、BIGLOBE、mineo等のオーソドックスなdocomo系MVNOやau系MVNOは、アンドロイド等向けに公開されているAPN情報をこの手順通り追加すれば使えます。

ここからは、推測です。
おそらく・・・
SIMカードを挿入し、NTT DOCOMOやAU(KDDI)と電波を拾う場合は、この手順どおりにAPN設定を行えばインターネット接続はできると思います。

そして、SIMカードの挿入後電波を拾えない場合(今回自分が遭遇した事例)

バンドは対応しているはずなのに、拾わないパターンのときは、理屈としてなぜそれだと繋がったのかは正直わかりませんが、自分の記事のこちらを参照して『インターネット』の選択画面を『インターネットとおよびアタッチ』として設定してみてください。

そのうち、もっとちゃんとしたブロガーさんがきっとこの謎を解明してくれるに違いありません。

というわけで、今日2本め。そして、301記事めでした。

Twitter

Twitter

お気に入りApps

無料ブログはココログ

Sponsor

  • ソフマップ・ドットコム

    価格.com ブロードバンド

    マクロミルへ登録

    デル株式会社

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

App Store

楽天モーション

Security

  • シマンテックストア