« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

Windowsタブレットでホニャララ。

タブレットを買って、数日。

うちには、Bluetoothキーボードは腐るほどというのは言い過ぎだけれど、
ここ最近、使っていなかったMicrosoftのキーボードをはじめ、色々あります。
タブレットは、基本キーボードいらないだろ?と思っていましたが
ソフトウェアキーボード、けっこうイライラします。で、さっそくにMicrosoftキーボードをペアリングし使うことにしました。
で、キーボードときたらマウスです。
ところが、あれほどたくさんあったキーボードと比較してBluetoothマウスはかなり数が少ないです。自宅のiMac用につかっているロジクール、Apple Magic Mouseしかありません。
普通なら、ロジクールをここにつなごうとするのが普通だとは思いますが、
ココはあえて、Magic Mouseを。
まぁ、すこしWindows用ドライバーを入れるのが面倒ですけど、それさえ済ましてしまえば楽なモノです。
で。。。
ちょっと触ってみての感想なのですが。。。
一応、買う前に「Bay Trail-T」というコードネームのATOM Z3000番台シリーズのCPUは今までのATOMプロセッサとはひと味違うよ!とは調べて知っていました。
でも、所詮ATOMだろ?廉価版CPUじゃないか。
で、実売3万円台半ばから後半で買える、ネットブックみたいなものだろ?とどこかで馬鹿にしていました。ところが、Officeも付属してそこそこの性能?
これはありかも?と思いました。
たしかに、タブレットの操作としてはとっても中途半端です。でも、ノートパソコンとして見た場合、この値段でOfficeついているなら、あの悪名高いキングソフトのOffice互換ソフトとか使わなくても良いし、そこそこつかえるでないかと。
今回は値段と大きさの関係上、Windowsタブレット、8インチモデルを選んだわけですが、ちょっとしたノートパソコンがほしいけどお金が・・・・と言う場合、
それでもちょっと小さいですが、10.1インチモデルのキーボードドック付きのタブレットなども選択肢に入れて良いのでは?と。
今後のこの廉価なタイプなマシンの行く末が気になる今日この頃。
ここで書いて良いのか悪いのかわかりませんが、
Googleから先日、Google Apps for Edu向けにChromebookを販売しますという案内が来ていました。一時、Google Playに案内が出ていて、お!日本でもChromebook販売か!?と色めき立っていた例の機種です。その値段が管理料が入ってますが、たしか39,800円ほど。
ますます純粋なノートパソコン、ひいてはパソコンの凋落がすすみそうな感じがします。そりゃ、VAIOが売りに出されるはずだよと。

WindowsタブレットでBluetoothテザリング

で、さっそく。

今回の本題でかつeラーニングのためにはネットにつながねばならん!
というわけで、WiFiなんかでやってたら電池がすぐなくなってしまう!!
というわけで最近はやりのBluetooth PAN、いわゆるBluetoothテザリングを行うことに。
初Windowsタブレット、ほぼ初Windows8ということもあり、どこに何があるかさっぱり。。。
まずBluetoothのオンオフだけでも、探し回りました。
これがすっきりしている良い方法かわかりませんが、
画面の右側をすーっとなぞると・・・・

Shot01

黒いバーが出てきます。スタートボタンもないのでけっこう悩むかもね。
その中から、一番下設定ボタンをタッチします。

Shot02

コントロールパネルとかはここからいけます。その中で一番下PC設定の変更という小さいところ、ココをクリックします。
Shot03_2
そうすると、この画面。その中から、一番上PCとデバイスを選ぶとやっとBluetooth設定にたどり着きます。

Shot04

だれだ、設計したの!っていう怒りはさておき。。。
で、ここからまずiPhoneとBluetoothでペアリングを行います。
iPhoneはインターネット共有をONにしておきます。
その次は、Windowsでコントロールパネル。
デバイスとプリンターを選びます。(大カテゴリはハードウェアとサウンド)
そうすると、iPhoneはここにでてきます。

Shot05

そこから長押し、もしくはマウスで右クリックすると、接続方法に「アクセスポイント」をえらぶと晴れてBluetoothテザリングができます。
あー、めんどくさ!!

Windowsタブレットを買ったぞ!!の巻

ご無沙汰であります。

相変わらず、色々なものを買いあさっておるわけですが、
なんと今回、初Windowsタブレットを買うことになりました。
わたしは、もう身も心もMacユーザーな仙人なのですが、世俗にまみれておりますのでたまにWindowsが必要となることがあります。
なぜ、Windowsが??なのですが、
わたくし、趣味とお勉強で某通信制大学の学生をやっております。
そのインターネットスクーリングを受講するためには、どうしてもWindowsじゃないと見ることが出来んのであります。
かなりいろいろ試しました。
UserAgentを偽装とか、もーいろいろ。時間も労力もさくのはばからしくなり、Windows買うか?って。
BootCampとか仮想マシンでもいいのですが、ここは買うべし!とおもいWindowsタブレットを。
前振りがとっても長くなりました。
でも、実はWindowsタブレットなんぞを買う気はありませんでした。
中古で、VAIO XのWAN内蔵を狙ってました。軽いし薄いし。
ふと、最近安く売られているWindowsタブレットも一応Windowsなんだよな?と思い至りました。私やったことはありませんが、艦これができる!!とよくキャッチコピーに書いてあって「なんじゃいな、それ??」と思っていたのですが・・・
そこから、ばーっと調べてみました。
思った通り、WindowsタブレットもれっきとしたWindowsマシンであると。キーボードがないだけ。モノによるとキーボード付きのモノもあるらしい。
ATOMプロセッサ内蔵か〜と思ってみていると、昨年9月ぐらいに発表された「Bay Trail」ATOMプロセッサーはなかなかな性能向上で良いらしい。
で、そのあたりの情報を総合すると、この3つが候補になりました。

画像を見るだけではあんまり区別はつかないですけどね。

で、今回はAcerのICONIA W4-820を買うことにしました。

続きはまた。。。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

Twitter

Twitter

お気に入りApps

無料ブログはココログ

Sponsor

  • ソフマップ・ドットコム

    価格.com ブロードバンド

    マクロミルへ登録

    デル株式会社

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

App Store

楽天モーション

Security

  • シマンテックストア