« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

おにゅーなMacはMacbook Pro Retina13インチ。

あらためて、あけましておめでとうございます。

遅!!!!!まぁ、それはさておき。
年末に長年の愛機MacBook Airを手放しました。
11インチモデルの一番最初のものなので、やく3年にわたってメインマシンとしてがんばってくれました。
で、新調するに際してとても悩みました。
今のまま、11inchのMacBook Airなのか、いろいろな選択肢がアタマを駆け巡りました。
俺も、べつにまだ老眼でもないし、でも3年後もそのままである保障はないし、インチを上げるのもありかな?MacBook Airは最大メモリ8GBだしなぁ。MacBook Proもありかななどなど。
Retinaディスプレイにかんしては、有名ブロガー、yucovin氏がとても力説しているし、自分もiPadでRetinaディスプレイの実力はわかってるし。。。。。
そんな悩みを色々総合した上で、
MacBook Pro Retina13inch+16GB+SSD 256GBを購入したわけです。
今までは、パワーサポートのシェルジャケットを使っていたけど、ちょっと散在してしまったので、今回はじゃんぱらでうっていた980円のケースを購入してみました。
パワーサポートのシェルジャケットとくらべるとそりゃ、作りは雑だけど値段、5分の1だからねぇ。
というわけで、つかっているんだけど、
いままで気がつかなかったことが。
MacBook ProのRetinaディスプレイにしてワードやエクセルを立ち上げるとき、いろんな部分でRetinaディスプレイ対応が出来ていないことが目につきます。
Microsoft、もうちょっとがんばれよ。
といいたくなります。その点、純正のPagesやKeynoteはしっかり対応。きれいさが違うのでなんかちょっとしたものならPagesを使ってしまいます。
だからどうしたというよたばなしでした。

お正月の葛藤。

1月2日、私はとても悩んでいた。
Appleオンラインストアの初売りに。

というのも、年末に長年愛用してきたMacBook Air11インチを手放した。
普通には動く故、まだ現役。ただストレージに多少不満もあり、引退勧告。

なので、購入はしないとダメ。

悩んでいたのは2点。
まず、MacBook Air 11かMacBook Pro。
もうひとつは、標準モデルかカスタマイズモデルか。

ひとつめ、Retinaしかないやろ?
ワシ、もうアラフォーいや、フォーやし、目も厳しくなるのでは?と。最近、目が疲れやすいし…しょうがないなと。

標準モデルかカスタマイズモデルはかなり悩んだ。
ゴリゴリのハイスペックを求めてないし、吊るしの標準モデルでもいいかな?価格.comで安いの調べるか?と思いましたが…

あ、メモリ増設できんのか!?

そう、最近のモデルはとうとう蓋を開けさせてくれないのです。

ゴリゴリのハイスペックを求めてないし…と言いつつメモリだけは、余分につけたい病にかかってます。

スーパーサブサブマシンのレッツノートJ10も分解して16GBにしてます。

ここはやっぱり、カスタマイズモデルでAppleに納税か…

と10秒ぐらい悩み、ポチッとし、15000円のクーポンGET。何買おうかな〜…

で、ポチッとしたMacBook Proはまだ上海にいらっしゃる模様。早く来ないかなー。




あけましておめでとうございます。

新年そうそう、AppleストアのSALEに乗っかってMacBook Proを購入してしまいました。

さて、どうなることやら…

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

Twitter

Twitter

お気に入りApps

無料ブログはココログ

Sponsor

  • ソフマップ・ドットコム

    価格.com ブロードバンド

    マクロミルへ登録

    デル株式会社

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

App Store

楽天モーション

Security

  • シマンテックストア