« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

蔵書整理をしないと・・・

最近、よくやっちゃいます。
同じ本を買ってしまうミスを。なので、一度もっている本をリストアップしようと試みました。
が、とてもめんどう。

そういえば、iPhoneアプリにそんなのあったよな?と。
有名な、ブクログがありましたよ。











ブクログ (Version 3.0) App
カテゴリ:ライフスタイル
価格:無料
デベロッパ名:paperboy&co. Inc.
リリース日:2010/03/14
対応デバイス:全機種
現Ver.の平均評価: (4.0 / 49件の評価)
通算の平均評価: (3.5 / 1,573件の評価)
Game Center:非対応

 

むかし、パソコンでフリーソフトをさがしては色々試していましたが
いまは、iPhoneでそんな感じになっていますね。

スキャンも早いし、蔵書整理がはかどりまする。

Things vs OmniFocus

最近、GTDアプリというかTodoアプリに悩んでいます。
act2が販売していた時代に、OmniFocusを購入していて、その流れでOmniFocusを使っていたのですが、悪いソフトではないのですが、ちょっとUIが苦手。

そこで、Thingsはどうだろう?と思って使い始めてみました。

まず、母艦たるMac用・・・

OmniFocus 1.10.3 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥3,450 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: The Omni Group

リリース日: 2011/01/02

対応デバイス: 無し

iPhoneiPhone

Things 2.0.1 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥4,300 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: Cultured Code GmbH & Co. KG

リリース日: 2010/12/15

対応デバイス: 無し

iPhoneiPhone

値段は、OmniFocusが現在のところは安いようです。有名なソフトなので説明は不要かと思いますが、機能は申し分ないと思います。

Thingsは、日付表示の問題などがあったようですが、最近のアップデートで解消されています。

ちょっと、使ってみた感想なのですが、Thingsのほうがよくない?
Mac標準搭載のリマインダーとも連動という機能もあったりして、UIもこっちのほうがしっくり来るんですけど。

最近、OmniFocus for iPadを購入しただけに、ちょっとショックです。

OmniFocus for iPad 1.5.2 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥1,700 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: The Omni Group

リリース日: 2010/07/30

対応デバイス: iPad 2 Wi-Fi / iPad Wi-Fi / iPad Wi-Fi+3G / iPad 2 Wi-Fi+3G

Thingsを買い直すとなるとけっこうな出費になってしまう。。。

Things for iPad 2.0.1 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥1,700 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: Cultured Code GmbH & Co. KG

リリース日: 2010/04/01

対応デバイス: iPad 2 Wi-Fi / iPad 2 Wi-Fi+3G / iPad Wi-Fi / iPad Wi-Fi+3G

iPhone版はもってないけど、iPhone版を買うと・・・

OmniFocus for iPhone 1.14.2 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥1,700 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: The Omni Group

リリース日: 2008/07/11

対応デバイス: 全機種

iPhoneiPhone


Things 2.0.1 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: ¥850 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: Cultured Code GmbH & Co. KG

リリース日: 2008/07/11

対応デバイス: 全機種

iPhoneiPhone

実は、今、現時点のアプリ代金額の足し算をすると全く同じ、6850円になるという罠。


モレスキンがなんか変わった?

最近、ITとMoleskineが融合する話題多いですが、またまたアプリが。
旧Moleskineアプリは、悪評高きだめアプリでしたが、こんどはiPad専用でやり直しするみたい。

で、使ってみたけど、なんとなくイマイチ感が漂います。やっぱり有料アプリの出来にはかなわないのか。。。

Moleskine Journal App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

くだらないけど、面白い?

なんか面白いアプリないかなぁ?
とおもって探して見つけたのが、これ。

とっても、くだらないです。

ぱんだら。 2.0.1 App


カテゴリ: エンターテインメント

価格: 無料 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: INCREMENT Corporation

リリース日: 2012/04/21

対応デバイス: iPhone 4 / iPad Wi-Fi+3G / iPad Wi-Fi / iPod touch (3rd Gen) / iPhone 3GS / iPad 2 Wi-Fi+3G / iPad 2 Wi-Fi / iPod touch (4th Gen)

iPhoneiPhone

iPhoneでスキャンするなら

意外に使える、すごいやつ。

SHOT DOCS 1.0.2 App


カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料 (アプリ価格等は変動します。購入時はよくお確かめください)

デベロッパ名: KING JIM CO.,LTD.

リリース日: 2012/07/03

対応デバイス: iPad 2 Wi-Fi / iPhone 4 / iPod touch (3rd Gen) / iPad 2 Wi-Fi+3G / iPad Wi-Fi+3G / iPhone 3GS / iPod touch (4th Gen) / iPad Wi-Fi



iPhoneiPhone

連携する能力もたかく、なかなかのソフトです。
ぜひ、試してみて。

普段買う雑誌をデジタル化したい!

最近、おもっているのが普段買う雑誌をデジタル化したいこと。

ところが、Newsstandには対応してなくて、どうしようかと。

そこで、こんなソフトたち、試してみました。

FujisanReader App

カテゴリ: ブック

価格: 無料

日経BPストア App

カテゴリ: ブック

価格: 無料

雑誌オンライン+BOOKS App

カテゴリ: ブック

価格: 無料

電子書籍 GALAPAGOS App

カテゴリ: ブック

価格: 無料

正直、どれも帯に短したすきに長し。
どうしたものでしょうか。

Su-Pen買っちゃった。

タッチペン、いろいろ試行錯誤していました。
ここには、書いてなかったと思いますが、WACOMのタッチペンも買いました。2本買ったので、
一本はあげちゃいましたが。

WACOM、けっこうよかったんです。
でも、たまに入力を落とすことがあり、前々からSu-Penは気になっていたのですが、

AppBank心斎橋に行ったついでに、思わず買っちゃいました。
結論から言って、WACOMよりいい。

旧モデルは耐久性に問題あり等々、言われてましたが、耐久性の面はわからないですが、
書き味はいい。

タッチペン買おうと思っておられるならおすすめです。

Google Nexus 7のその後。

Googleの7インチタブレット、Google Nexus7の続き。

自分の場合、SHARP(イー・モバイル)のA01SHとiPadとの比較になるわけですが、
まず、A01SHと比べて。

充電環境など。
まず、A01SHは充電する場合は、専用ACが必要。もうこれは圧倒的に使い勝手を損なっています。
それに対し、Google Nexus7(以下Nexus7)は、充電する際は、MicroUSBです。Androidスマホの充電に使えるアレです。なので、急な電池の減りなどに比較的対応しやすく出来ています。

次に大事なのが、バッテリーのもち。
カタログ上のバッテリー容量は、A01SHが4100mAhに対し、Nexus7は4325mAhとすこしだけ多め。ですが、体感的にはOS違い(A01SH 3.2から4.0 Nexus7 4.1)もあるからかわかりませんが、確実にNexus7がいいと思います。A01SHはカバンの中に入れっぱなしにしていると、え?もう電池切れ?なことが多かったのですが、今のところNexus7にそういう、「え?もう電池切れ?」はなかったです。

唯一Nexus7が負けている部分が、外部機器等の接続です。
Nexus7にはmicroUSBの端子とイヤフォン端子しかありません。microSDカードスロットもありません。あと、背面カメラこれも無いです。A01SHには背面カメラもあり、microSDカードスロットもありつかうか謎のHDMIポートもあります。が、microSDスロット以外別にいらないよね?というものです。

よって、A01SHよりいい!のは結論

たぶん、他に出ている7inchクラスタブレットも似たり寄ったりなので、いろんなタブレットが駆逐される潜在能力の高さは感じます。

で、こんどは強敵iPadシリーズ。
わたしは、初代iPad、iPad2、第3世代iPadすべてもっていたので全部と比較。

完成度の高さ等々は個人的にはiPadを推します。
というのも、たしかにはやくなりました。クアッドコアプロセッサの威力もあると思います。
そして、メモリもだいぶ増えたようです。でも、なんだろう、ちょっと引っ掛かりがあったり、あれ?
という動作があります。当然、iOS軍団にも、「おい、こら。」な動作はあります。

が、なめらかさは断然にiPadだと。
iOSとカタログスペックでひかくしてもしょうがないので、あえては比較しませんが、
OSの完成度の面のみでは、まだiPadにアドバンテージがあると思います。

が、個人的には、おもしろい。とおもってます。

Google Nexus 7を買ってみた。

べつに、iPad miniが待ちきれなかったわけでもなく、興味本位でGoogleが発売した、
Google Nexus 7を買ってみました。

Galaxy NoteやらGalaxy Tabやらそそるサイズのものは多いんだけど、
やっぱり、GALAXYブランドというかサムソンにものすごい抵抗を感じ、スルーし続けてきました。

が、しかし!
Google Nexus 7はASUSから。
今のところ、ASUSにわるい思い出ないし、台湾すきだし、ということで。。。

実際、MEDIAS TABとかも店頭で試していたんだけど、なんというかモッサリ感は拭えず、
やっぱり、Androidはダメだなーとおもっていました。

ここには、書きませんでしたが、SHARP A01SH、いわゆるEMOBILEブランドのTabletも買ったんだけど
充電環境が不満だし、電池すぐ切れるし、だめだこりゃに拍車をかけていました。

もう、7型TabletはiPad miniでるのを待とう!
そう固く誓った気持ちはどこへやら。

そうこうしていると、Google Nexus 7の記事がちょいちょいあらわれて。。。
でも、そのときはあまり気にしてなかったのですが、
ネットのレビュー記事を見てると、けっこう良さげ。
日本橋に、実機を置いているところもあってさわってみると意外とサクサク。

それで、輸入してしまったわけです。

完全に、自炊PDFリーダーとしての使い道です。
A01SHとくらべても充電と同期がUSBケーブルで可能ですし、電池の持ちも格段によくなっていて
パワーマネジメントが効いている気がします。

そして、サクサクにうごく。さすが、クアッドコア。
そんな感じで、使っております。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

Twitter

Twitter

お気に入りApps

無料ブログはココログ

Sponsor

  • ソフマップ・ドットコム

    価格.com ブロードバンド

    マクロミルへ登録

    デル株式会社

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

App Store

楽天モーション

Security

  • シマンテックストア