« iPhoneの公衆無線LANの自動ログイン | トップページ | TOKYO FMを関西でも・・・ »

iPhoneへのSFTP接続(Filezilla編)

某サイトで、iFunBoxがJBしてから使えません!!どうにかしてくださいというようなことが多くありました。

そんなわけで、Windows向けです。
応用が利く人なら、Macでもわかると思います。

まぁ、USB接続はお手軽ですけど、ケーブルがなかったら接続できません!!みたいな感じになりますが、SFTP接続が使えるとそんなことからも解放されますというわけで・・・

用意するもの
iPhone (全世代)もしくは、iPodtouch(全世代?)でかつJailBreak済みなもの
Filezilla(高機能なFTPソフト)・・・はたしてこの説明があってるかどうかは謎ですが・・
無線LAN接続

まず、iPhone(場合によってはiPodtouch)に穴を開けます・・・・・
といってもドリルではなく、ソフトウェア的な穴です。

CydiaからOpenSSHというものインストールします。
ただ、インストールするだけなので、説明は割愛します。

このOpenSSHですが、使いようによってはものすごく危険です。というのも、Softbankのネットワーク越しに皆様のiPhone(場合によってはiPodtouch)にアクセスが可能になってしまう代物です。

なので、使うときだけSSH接続を有効にした方がいいです。
このへんの説明は、ほかのサイトをご覧ください。

このOpenSSHでiPhone(場合によってはiPodtouch)にアクセスする準備が整いました。

じゃぁ、その次。
Filezillaです。インストールの説明はここ

あたりを参考にしてください。

インストールが完了すると、
【ファイル】→サイトマネージャーをひらくと図のような画面が開きます。

Iphonesftp_3

左側から、新しいサイトを選び適当に名前をつけます。
この図では、iPhoneとしています。

右側のホストの部分には、無線LANで接続した場合のIPアドレスを入力します。

設定→WiFi→WiFiネットワークから見ることができます。

Img_0002_2

ホストの横、ポート番号は一応、22で。必要がない気もしますが・・・
その下の、サーバーの種類は、SFTP(SSH File Transfer Protocol)を選択します。


その下、ログオンの種類は通常として
ユーザーがroot
パスワードが、alpineで接続とします。

初回は、SSHの鍵が無いので時間がかかって、しばらくすると秘密鍵がありませんが、つくりますか?というようなダイヤログが出ます。そこで、OKとすると接続が可能になります。

そのダイヤログの画面、画面コピー取り忘れました。

そのうちに、アップできたらする予定・・・

と、ざーっと説明つくってみました。
ご参考に・・・

« iPhoneの公衆無線LANの自動ログイン | トップページ | TOKYO FMを関西でも・・・ »

iPhone」カテゴリの記事

Twitter

Twitter

お気に入りApps

無料ブログはココログ

Sponsor

  • ソフマップ・ドットコム

    価格.com ブロードバンド

    マクロミルへ登録

    デル株式会社

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

App Store

楽天モーション

Security

  • シマンテックストア