« SonicStageCPの使い道 | トップページ | Apple Wireless Keyboardの巻 »

gigabeat V30T、やっと買えた・・・・

携帯音楽プレイヤーというよりワンセグ受信が売りだと思われる例のマシンを買ってきた。モックアップや実機も何度もみていたので大きさには多少なれていたつもりだけどやはり少しでかいし分厚く感じる。

これね↓

TOSHIBA gigabeatVシリーズ ワンセグ視聴と録画/再生機能搭載ハードディスクオーディオプレーヤー 30GBHDD インディアンブラック MEV30T(K)

My iPodコレクションズと比べてみたのが下。

Photo_2分厚さも大きさも一回り大きいですな。
机の上があれているのはご愛敬・・・・・でご容赦を

デザインは好みが分かれるところだと思いますね。正直デザインでは買ってません(笑)もう少しがんばってくれよ、東芝さん・・・・

で、ここからは中身。

早速、売りのワンセグ受信。とその前に、今回のgigabeatはWindwos Mobileとやらがはいってるんだけど操作に迷うことはないです。レスポンスは多少遅いけどまぁ、許容範囲かなと。

で、ワンセグ受信。たまたまですけど、最初にみたのは天下のNHK様。

いきなり一豊様がヤンクミにつねられておりました。画面下に字幕もでており、出演者のしゃべりがすべて出てくるという仕組み。すべての番組で出るわけではないらしい。

受信結果はおおむね良好なんだけど、動きが激しくなる部分ではブロックノイズがでて画像があれてました。まぁ、これはしゃあないかなと思うけどカーナビの宣伝でストラーダ?たしか、ワンセグ搭載カーナビでサッカーの映像のプロモーションがあったけどおそらく、あそこまできれいに映らないだろうなと・・・・このマシンにも同じことがいえるんだろうなと・・・・画質がすばらしいと思って買うものではないですわ。基本的に。

で、その次、動画再生機能を試してみました。

今回はたまたまあった”帚星”のPV。約5分ぐらいの動画を使ってみました。
調べると、このマシンでは動画と音声のビットレートをあわせて800kbpsまでとのことなのでその数字に合わせて約750kbpsほどで、wmvで再エンコードしてWMP10で同期してみました。

ですが、、、、、そのまま変換不要で同期すると思いきやWMP10が変換作業を始める始末。なんで?うーん、わからんからそのまま終わるのまってみよう。ってなわけで何分かたったら終わってまして再生!

何回か見た動画が再生されてます。をー!っと少し感動。品質は元のソースがさほどよくないですけどまぁまぁ。暮れベル対象のiPodのほうは液晶が小さいので高精細にみえるのできれいに感じるけど、これもまぁ、許容範囲内かと。

で、で、最後は音楽再生。。。

手元にあった宇多田ヒカルの"ULTRA BLUE"を入れて聞いてみました。

音はいいかも?というのが第一印象。そのあと、同じ曲をいろいろな機械で再生してみましたけどこの間のネットワークウォークマンよりもいい音の気がする。こればっかりは完全に主観ですし好き嫌いもあると思うけど音楽再生の能力はかなり上質かと。個人的には一番音がいい感じ。

まぁ、こんな感じでさーっと感想です。枕元テレビと音楽としてかなり活躍してくれそうです。動画作りに励まないかんな・・・・・エンコードのすげぇ早い機械が欲しい・・・・

« SonicStageCPの使い道 | トップページ | Apple Wireless Keyboardの巻 »

携帯オーディオ機器」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter

Twitter

お気に入りApps

無料ブログはココログ

Sponsor

  • ソフマップ・ドットコム

    価格.com ブロードバンド

    マクロミルへ登録

    デル株式会社

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

App Store

楽天モーション

Security

  • シマンテックストア