Mac mini(Late 2014)のこと。

久々に、ブログをちゃんと書いているというか、

ながいこと、くだらないとは言え文章を書くことから遠ざかっていたので、なお一層へたになっているのは否めない。
ま、それはさておき。
わたしの環境もけっこう変化しています。
デスクトップ環境は、Mac mini 2011モデルから2014モデルに。
ディスプレイは、27インチの4K。
で、今回はその4KディスプレイとMac mini 2014の話。
ざっと、Mac miniのスペックを紹介しておくと。
2.6GHz Core i5
メモリ 8GB
あとHDD 1TBという比較的安いモデル。
正直言って遅い。
Macbook 12インチもSSDですし、Surface ProもSSDだし、HDD使うのはホントにこれだけ。
でも、起動さえしてしまえばちょっとした書類書いたり文章書いたりなどなどは何も問題なく。
そしてなによりいいのが、4K解像度に対応していること。
30Hzしかだめなんだけど、ゲームするわけでもなく正直あんまりきにならない。
高解像度のなにがいいかって、画面が広い必要があるけど、ブラウザとアプリを同時に開けたりするのがホント便利。もともとは、デュアルディスプレイ推奨してたけど、これからはサイズの大きい4Kディスプレイとかウルトラワイドディスプレイをすすめていきたい。

LTE通信優先にしてみたら

正月明けにとどいたSurface Pro LTE。

最初のうちは、WiFiも使っていたのですが、あえてのLTE優先。
Windows Updateとかインストールなども使うと、もうこんな感じ。

Snapcrab_noname_2018116_224551_no00

イーモバイル(現ソフトバンク)からすると、やめろよ!って話でしょうけど。

これから見えてくることは、iijmio等のMVNOのSIM等をいれてうっかりしてると、すぐ容量枯渇する恐れがあるということ。

そのために、従量課金等の設定がいろいろなされていて、それなりに上手にオフロードしようとしているのはよくわかります。

ただ、こういうちょっと普通はしない設定にするまでもなく、LTE内蔵モデルはもっと市民権を得るべきだと思う。

ThinkPad10等でLTE内蔵モデルを色々経験してきた自分としては、このSurface Proはある程度の完成形だとおもう。細かく不満をあげればキリはないが。

SurfacePro LTEを買いました。

ほぼ、2年ぶりの更新。

そりゃ、色々ありました。
で、前回の更新がSurface3の記事でしたが、
なんと今回は、そのSurfacePro LTEモデルのこと。
わたしにとって、WWANモデル(ワイヤレスWAN)は必須です。
ずっとこれを休んでいる間に購入した、Let's note RZ5もLTEモデルでした。いっとき使っていたThinkPad T440にもWANカードを内蔵させLTE通信使ってました。
それぐらい、LTEモデルを欲していた私にとうとう望んでいた、Surface3 LTEの後継、SurfacePro LTEモデルが出たのです。そりゃ、買うっしょということで買いました。
え?法人モデルじゃないの?
そう、法人モデルです。法人名義で買いましたけど、何か?
で、このSurface Proに挿入したいなと思っていたSIMが今はなきイーモバイル時代のPocket WiFiのなかに入っていたSIMです。GL06Pというまぁ、なんの取り柄もないWi-Fiルーターです。対応バンドも正直広くないです。
ですが、コレソフトバンクさんと、契約を結んでおりまして、定額で使い放題なのです。ほんまに?とおもってじゃんじゃか使ってみました。でも制限されません。次の日にすごい遅いとかもありません。
というSIMカードが刺さっているので、
エイ!っとnanoサイズに切り刻み、(良い子は真似してはいけません)マイクロサイズからnanoサイズに変更して他のルーターで使ってました。
それをこの度、このSurface Proに突っ込んでやろうと思った次第。
でも、普通に入れてAPN設定ではだめだったんです。
APN設定、知らないわけじゃないのでちゃんと設定したつもりでした。
で、ためして見つけた方法がコレ。

2

APNの種類を「インターネットおよびアタッチ」とするとイーモバイルのSIMで無事接続できましたとさ。
使い始めて、まだ3日ほどですけどすでに普通だと制限のかかる7Gを超えてます。

3

さぁ、どこまでいくかなぁ??

Surface3がdocomo系SIMで使えなかった時にやってみたこと。

Surface3に修理でかなりイライラしましたが、

他に困った人がいた時用に。
購入当初、Surface3はIIJMIIOのSIMで問題なく使えていました。
まぁ、ちょっとエリアは狭かったかもしれませんが。
ところが、ある日。
Windows10にアップグレードしたわけでもなく、WWANでの通信が全くできない状態に。
圏外になるわけではなく、SIMの電話番号は認識しているけれども、APNとかをつかって通信ができなくなりました。
あれ?っと思い、iijmioではなくデータ契約のdocomoのSIMカードを入れても
NTT DOCOMOとならず、モバイルブロードバンドと出るだけ。
故障?それとも何か他の要因?
わからなかったので、サポートに聞いてみた。
IPv6を使えなくしてくれ。など色々試してみろと指示されやってみたが結局ダメ。
マイクロソフトさんは交換しますとのこと。
この交換にものすごい手間と怒りがあったのですが、それは別の話。
で、帰ってきたものを試してみたけれど、
症状は全く同じ。
あれ、故障じゃないんじゃない?ドライバーかファームウェアのせいかも?
と疑いまして・・・・
試してみたのは、これ
ファームウェアをあらためて、インストールしてみた。
そうすると、アラ不思議。docomoで再度使えるように。
同じようにお困りの方はお試しあれ。
このページ、とにかくものすごく探しにくいです。



» 続きを読む

いまさらですが、iPad Proを買ってます。

ずっと忙しくて、ブログ書く気も無くて、
そのかわり、ストレスを買い物で発散してましたが、久々にiPad買いましたよ。

実は、iPadを買わなく無った理由がありまして、ペン入力がイマイチ。

これが、大きな理由。

ところが、iPad ProはApple Pencilなるものをオプションにつけてきました。
デカいのはちょっと困るけど、ペン入力ができる!

と思い、即買い。
Apple Pencilはすげーよ!ってな感想。

脱ロジクールすることに。

2016年初コメントがこれか?
な訳ですが、ロジクールユーザーをかなり長いことしてましたが、やめることに。

そこそこ手頃な値段で、性能もまずまず。
かなりたくさんのマウス、キーボードを買ってきましたが、サポートに失望したので金輪際買わないことに決めました。

これからは、マイクロソフトに。

サヨナラ、ロジクール。
もう、二度と買わないから。

ほぼ、1年ぶり。

この間に買ったもの、iPhone6、6Plus、Surface3、そして!!!つい最近は、iPad Pro。

Surface3悪く無いんだけど、放ったらかしにしていると、確実に電池切れ。そしてモバイルデータ通信が上手に扱えていない。

スリープから復帰して明示的に繋ぎに行かないと接続されないし、なんか微妙。特にネットワークまわり。

その点、iPadはほっといてもそんなに劇的に電池減ってないし、スリープ後もネットはすぐ使える。この差は大きい。

PCにWAN内蔵はとてもいい!

ThinkPad10、しかもdocomoのワイヤレス通信機能内蔵モデルを買ったわけですが、これ非常に使いやすいかも。

iPhoneやXperiaなどのテザリング機能を使えばどんなパソコンでもいろんな場所で通信が行えるのはわかってますが、いちいちつなぐ動作をしなくていいというのはとても使い勝手がいいと思う。
最初にiijmioのSIMカードのセットアップの時、ちょっと躓いたのですがなぜかリカバリをかけて再度挑戦するとあっさりつながるという謎はあったものの今はしっかりつながってます。
今はあえてあまり通信を制限せずどれぐらい通信に使われるのか?と考えいろんなところで通信をしています。
設定しているWiFi環境下にくるといつの間にかWiFiに切り替わっていますし上手に通信を制御している感じはします。
ただ、外出先でちょっとしたネット、メールなどを行うと50MB程度はかるく消費し、なにかしらダウンロードを行うようなことが発生すると200MB程度消費するようです。ですが、
iijmioだとクーポンのONOFFができるので上手につかえばミニマムプランで十分使い勝手よく使えると感じます。
で、実は感じていることがあります。
iPadが出たときノートの代わりとかいろんな可能性を感じたのですが、どうしても手書き入力の面でちょっとイマイチ感がありました。
iPad miniのRetinaモデルを普段使っていましたが、今回ThinkPad10を購入して、これは十分にノートの代わりができる代物になったと。ずっとApple製品の優位性を感じていましたがワイヤレス通信機能内蔵のこのマシンだと自分の中ではApple製品より使えると思う。

Surface Pro3にする?それとも・・・

またまた、久しぶりの更新。

転職してなんかあんまり落ち着いてこんな事を書ける状態では無くというよりネタがそんなになかったわけですが、まぁiPhone6, 6Plusは当たり前に購入。
いまさら、そんなのも面白くないので。
久々のおニューなWindowsマシンのおはなし。
周りではなぜか、Microsoftの自信作、"Surface"が人気。
タブレットとしてもパソコンとしても使えるというのが気になるらしい。
自分もSurfaceは前から気にはしてたのです。で、3代目Surface Pro3を買ってみようか?と思っていたわけですが…
今回、これ買いました。
ThinkPad 10 for DOCOMO Xiという商品。
簡単な仕様は、Windows8.1 Proのメモリ4G。SSD 64GBでWWAN付きというモデル。ちょっと安いバージョンは、Windows8.1 for Bingでメモリ2Gであと同じ。
CPUはATOMとなってますが省電力なわりになかなかの性能だと思います。
Xi(LTE)通信対応は仕事でかなり使えます。docomoとなってますのでmopera Uの設定はしっかり組み込まれていますが、MVNOのSIM、私の場合はiijmioのSIMでばっちり使えました。といいつつ、ちょっと最初の設定ははまりましたけど。
通信機能はさておき、デジタイザモデルはホントにノートのかわりができます。
iPadでタッチペンとかいろいろ試しましたが正直ノートの代わりとはなかなか言えなかったけど、これは十分なります。
だまされた!とおもって是非試して欲しい機械のひとつかな。
とりあえず今日はここまで。

防災グッズ?それとも・・・???

たまたま、monoマガジンを読んでまして防災グッズの特集をやってました。

iPhoneやらをいろいろもっているわたくし、電源を確保しないとなぁと常々思っていて、モンベルブランドで太陽光発電ができるコンパクトバッテリーがあるじゃない!ってなわけで買ってみた。
コレ。

Img_0107

モンベル!ってしっかり書いてあります。
が、しかし。。。
裏をしっかり見るべきだったかも。コネクタがいまどきではない、miniUSB?だったっけ。最近のスマホでよくあるMicroではないのです。うーん、失敗か??
まぁ、軽いしいいんだけどコネクタが弱点になるかもしれません。
いちいち持って歩いてられるか!ってんだ。
というわけで、このソーラーバッテリにぴったりのケーブルを探してきました。
探すとあるんですねぇ。
これがあればすくなくとも荷物は少し減るんですけどね。
と、弱点はさておきバッテリーとしての使い勝手。
確認ボタンを押すと残量が25%刻みで表示されます。普通に充電できます。
が、しかし。。。
これは正直オススメできません。だってショボいんだもん。防災グッズとしては不合格だと。てなわけでレビューする気もほぼ無し。
まぁ、比較的明るい場所に常置しておいてホントにもしもの時に使うことにします。

«MVNOでもテザリングOK??

Twitter

Twitter

お気に入りApps

無料ブログはココログ

Sponsor

  • ソフマップ・ドットコム

    価格.com ブロードバンド

    マクロミルへ登録

    デル株式会社

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

App Store

楽天モーション

Security

  • シマンテックストア